飲み過ぎにはご注意下さい!

お酒の飲み過ぎに気を付けましょう

ワインというのは、白ワインと赤ワインの二種類があります。

その中でも、赤ワインというのは、健康にいい影響を与えるとされています。

 

白ワインが決して体に悪いというわけではありません。

ちなみに赤ワインがどうしていいのかというと、赤ワインというのは抗酸化作用が高いポリフェノールを含んでいるからなのです。

反対に白ワインというのは、利尿作用があり、代謝機能を向上させたり、骨粗しょう症対策になるとされています。

このように、どちらにも健康にいい作用があるのです。

ただし、いくら健康にいいとしても、適度に飲むということが前提になります。

ワインだってお酒であることに変わりはないわけですから、飲みすぎてしまうと反対に健康に悪影響を与えることになります。

では、どれくらいが適量なのかというと、360ml前後です。

また、ワインを飲む前は必ずご飯を食べるようにしておきましょう。

空腹の状態でお酒を飲んでしまうと、アルコールが吸収されやすくなってしまいます。

ワインコレクターで、ワインを集めるのが好きで、あまり飲まないのであればいいのですが、ワインを普段から大量に飲んでしまうという人は、飲みすぎないようにしましょう。

赤ワインのように抗酸化作用がある場合、活性酸素による参加を防いでくれるだけではなく、コレステロールを低下させる作用もあります。

また、血行促進作用もあるのですが精力剤も服用していると、さらに血行が良くなるため、鼻血が出てしまうということもあるかもしれません。

ですから、併用はしないようにしたほうがいいかもしれません。