お小遣いを増やしてほしい

独身の頃であればまだしも、結婚をして奥さんがいると、一か月の小遣いが決められてしまったりするということも多いですよね。

しかもギリギリ1か月過ごせるくらいのお金だと、やりくりに苦労してしまうのではないでしょうか?

 

会社の飲み会に行く場合でも、お小遣いを切り崩して参加をしているという人がほとんどなのですが、1回飲み会に参加をするだけでも、数千円かかってしまいます。

ですから、毎週のようにお酒に誘われてしまうと、それだけでお小遣いを使い切ってしまうことになりかねません。
毎月決められたお金をお小遣いとして渡されるのではなく、必要なときに必要な分だけお金をもらうようにしたほうが、臨機応変に対応することができるのではないでしょうか?
お小遣いを増やしてほしいと奥さんに嘆願をしても拒否される可能性が高いですが、必要な時だけお金をもらうようにしたほうが、上手にお金を使うことができるかもしれません。
独身だった頃は、給料をそのまま自分の自由に使うことができていたものですが、結婚をすると生活費だって必要ですし、子供の教育費だって必要になります。

ですから、1か月に1~3万円くらいのお小遣いでやりくりをしているという人はとても多いのです。
これくらいの金額だと、お小遣いを使って精力剤を購入するのも大変です。

夫婦の営みに必要なものなのですから、どうにか奥さんに精力剤のお金は別にもらえるように話し合ったほうがいいかもしれませんね。